2015年12月21日

口腔と全身疾患
-体の健康はお口から-

ある患者さんで血液検査の結果が急に変わったことがあります。「何かありましたか?」と尋ねると、「歯の治療に通っていて、うまく噛めずにうどんばかり食べていました」とのお返事です。歯のこと、口腔内のことは、こちらから尋ねない限りお話されないことが多いようです。何となく話しにくかったり見られたくないとは思いますが、口腔内と体は切っても切れない関係があるのです。
歯周病の菌が血液に入ると、心臓の弁に付着して塊をつくって心臓の働きに異常を来したり、血管を詰まらせたりすることは昔からよく知られています。また歯周病菌や歯周炎によってTNF-αというサイトカインが増えインスリンの効き目を悪くすることにより、内臓脂肪の蓄積や糖尿病の原因になります。炎症の場所には常に活性酸素が発生しているため動脈硬化も進みます。歯周病を放置すると多くの恐ろしい病気に結びつくのです。
 

口腔内の状態を良好に保つためには、たんぱく質やビタミンCなどで抵抗力を保つこと、ストレスや過度の飲酒を避け唾液の減少を防ぐこと、よい口腔内細菌に置き換えていくことなどが大切です。予防医療と同時に予防歯科! よい状態を維持するために、歯科を定期的に受診し口腔内の健康を保ちましょう。
当院では、栄養療法やアマルガム除去に理解のある歯科医をご紹介しています。

2015年11月1日

有害重金属蓄積の診断


現在、当クリニックで実施している有害重金属蓄積の検査は3つあります。

¨   オリゴスキャン

l   血管や脂肪組織に蓄積しているミネラル量を吸光光度法で測定

¨   毛髪ミネラル検査

l   毛髪(生え際)のミネラル測定

l   毛髪への排泄量をみる

¨   尿中有害金属検査

l   尿中に排泄される金属量を測定する
・キレート剤を服用前の検査  通常の尿への排泄能力
・キレート剤を服用後の検査  薬剤による尿への排泄能力

「オリゴスキャン」は、血管や脂肪組織のミネラルを吸光光度法で測定する方法です。痛くないこと、測定した場所のミネラル量を推定できる点が長所です。まだ新しい検査の為、測定場所以外のミネラル量推定や測定の精度(正しさ)についてはデータを蓄積中です。

毛髪ミネラル検査では、毛髪に排泄されるミネラル量を測定します。測定結果から体内の必須ミネラル不足と、有害重金属の蓄積量を推定しますが、排泄障害があると低値になります。必須ミネラル値がばらつく場合には、ミネラル全般の輸送障害を疑います。

尿中有害金属検査は、診断と治療の予測や効果判定を兼ねた検査方法です。キレート剤を体内に入れて排泄をみます。重金属蓄積が疑われる人の排泄量はキレート剤なしでは軒並み低いことが多く、体内に蓄積したミネラルをキレート剤に結合させて排泄させます。体内に隠れている重金属蓄積を診断し、同時にキレート剤の効果予測をします。治療終了後の効果判定にも使用します。

いずれも、それぞれの検査の意味、検査時の注意事項をよく理解して実施しましょう。

有害重金属はエネルギー代謝をストップさせる!



食べ物を活動のエネルギーに変えるためには酵素の働きによって化学反応が進み、最終的にATPが産生されることが必要です。その途中段階に右のような反応回路があります。TCAサイクルの反応に必要な酵素の補酵素がビタミンB群でしたね(オフィスひめの通信41号参照)。ところが、ビタミンや酵素があってもエネルギー回路が回っていない人がいます。何かが反応を邪魔しているのです。有害重金属は右図のような箇所で反応をストップしています。食べ物を変えてもサプリメントを飲んでもエネルギーが出ない、疲れがとれないという方はエネルギー回路がどこで止まっているか調べてみましょう。尿中有機酸検査の「クレブス(TCA)回路代謝物」の項目は、代謝が止まっている場所の推定に役立ちます。


ミネラルの働きと有害重金属蓄積


栄養療法では、腸内環境の改善や欠乏する栄養素の補充によって病気の根本原因を解決する方法をさぐってきました。食事の変更やサプリメントの摂取、腸内環境の改善に努めてきたのに治療効果が上がらないという方は、有害重金属蓄積を考慮する必要があるでしょう。

必須ミネラルは生命活動に重要な役割を果たしています。酵素の中に位置して反応を助けたり、鉄のように酸素を結合して運んだり、カルシウムのように骨に強度を与えたりしています。信号伝達や遺伝子の発現に関わるミネラルもあり、ごく微量でも重要な役割を担っているミネラルもあります。

ビタミンもミネラルも共に重要な栄養素ですが、ビタミンとミネラルには一つの大きな違いがあります。ビタミンは多すぎて困るということがほとんどないのに対し、ミネラルは一つのミネラルが過剰になると他のミネラルの働きを妨げることがあり、相互のバランスがとても重要だという点です。例えば、亜鉛の過剰は銅を阻害し、カルシウムがマグネシウムに比べて過剰になると害になります。同様に有害ミネラル(重金属)も必須ミネラルの働きを妨げます。

水銀やカドミウムなどの有害ミネラルは亜鉛と性質がとても似ていて、体に入り込むと亜鉛の働きを阻害してしまいます。また体の組織と結びつくとなかなか外に排泄されません。他にも鉛やアルミニウム、ヒ素、ニッケルなどが体に蓄積すると様々な問題が起こることがわかっています。

どの程度の有害金属摂取が健康被害をもたらすのかについてはよくわかっていません。一人一人の感受性や排泄能力が異なり、必須ミネラルの欠乏状態によっても左右されるからです。有害ミネラルが過剰になると次のような問題を引き起こします。

¨  腸内環境を悪化させる

¨  エネルギー代謝を阻害する

¨  神経や肺・肝・腎への蓄積による直接的なダメージを持つ

有害重金属の蓄積量や排泄能力を検査する方法が少しずつ普及しています。一緒に学びながらよりよい解決方法を探していきましょう。

2015年8月1日

カンジダの増殖を検出
―尿中有機酸検査 「イーストと真菌マーカー」


腸内カンジダがどの程度増えているのか調べることは出来るのでしょうか?血液中のカンジダ抗体や便検査は、その時々のカンジダの量を反映しません。そこで登場するのが尿中有機酸検査です。尿中有機検査「イーストと真菌マーカー」ではカンジダや真菌が産生する物質を測定します。カンジダが産生する代表選手であるアラビノースについて詳しく見てみましょう。

アラビノースはカンジダが持つヒアルロニダーゼによってヒアルロン酸から産生されます。産生されたアラビノースは腸壁から体内に入り血液中を回って尿に排出されます(下図)。ヒトはアラビノースを産生することが出来ませんので、尿中に検出されたアラビノースは腸のカンジダによって産生されたと解釈できます(アラビノースはりんごやぶどうにも含まれているので検査前にはこれらの果物を食べないようにします)。

カンジダが増えればアラビノースも増え、カンジダが減ればアラビノースも減ります。そのため、リアルタイムにカンジダの増殖や治療効果を知ることが出来ます。また、アラビノース以外には酒石酸シュウ酸もカンジダや酵母・真菌増殖のよいマーカーになります。

尿中の有機酸検査はカンジダの増殖以外にも、神経伝達物質の変換やエネルギー代謝がきちんと働いているかなどたくさんの情報を得ることが出来る優れた検査です。後日また説明する機会を得たいと思います。